follow me!

[Aēsop – THE SOLOIST]部屋もトイレも海外の高級ホテルの香りに

JACK

こんにちは! JACK(@homoludens8890)です

トイレの消臭・芳香剤を新しいものに変えようと色々探し、Aēsopの「ポスト プー ドロップス」に辿り着きました。

実際の香りを確かめるべく店舗に行ったついでに気になっていた他商品を試してみたところ、お得なギフトセットを発見したので購入。

高い買い物でしたが、大満足でした。

嗅覚は五感の中で唯一脳にダイレクトに伝わると言われています。

なかなか取れない疲れやストレス、もしかしたら「香り」で解決できるかもしれませんよ。

Aēsop(イソップ)

Aēsopは1987年にオーストラリアのメルボルンで創業された高級スキンケアブランドです。

スキンケア、ヘアケア、ボディケア製品に加え、フレグランスやホームケア製品も扱っています。

高級商品を取り扱っているだけあって店舗のスペースデザイン、インテリアデザインが洗練されています。

公式ホームページにも「デザイン哲学」の項目があるなど、デザインにこだわりが感じられますね。

2013年にブラジルの化粧品会社Natura & COに買収されているようです。

合理的かつ持続可能なデザインに対する心からの興味は私たちの仕事のあらゆる面に広がっています。


Aēsop

THE SOLOIST(ソロイスト)

外観

Aēsopのギフトキットコレクション“Muse and Myth”(ミューズ アンド ミス)は古代ギリシャ神話に登場する9人の女神(ミューズ)のうち、芸術を司る5人を称えたシリーズ。

ホームケア製品3点セットの“THE SOLOIST”(ソロイスト)のスリーブに描かれているのは、抒情詩の女神「エウテルペー」ですね。

「アウロス」という古代ギリシャのダブルリードの木管楽器を持っているのが特徴です。

スリーブの商品名はエンボス加工がかかっていて、手触りが気持ちいいです。

さらによく見ると、商品名の下にはゲーテに「今世紀最大の天才」と称されたイギリスの詩人、バイロン卿の名言が。

‘There’s music in all things, if men had ears.’


Lord Byron

「小川のせせらぎにも、草の葉のそよぎにも、耳を傾ければそこに音楽がある。」という詩の一節です。

 

エウテルペーといい、バイロン卿といい、こういう世界観をしっかり作りこんでくれる商品、最高ですね。

THE SOLOIST(独奏家)の名に恥じないパッケージ、既に開ける前から満足です。

ちなみにアメニティボックスのサイズは縦15.5cm、横24cm、高さ8.5cm。

中身を取り出した後は小物入れにも活用できそうです。

内容物

アメニティケースを十分堪能したら待望の開封です。

開けた途端、空間に漂う高級感あふれる香りに思わず深呼吸してしまいました。

内容物はルームフレグランススプレーとトイレ用芳香剤、ボディ用石鹸の以下3点。

  1. オロウス アロマティック ルームスプレー(写真下)
  2. ポスト プー ドロップス(写真右上)
  3. ボディ クレンジング ソープスラブ(写真左上)

単体でそれぞれ買うより2,000円程度安いので、複数購入予定の人はこちらを買うのがおすすめ。

参考 Aēsop – ソロイスト | Aēsop 日本Aēsop – ソロイスト

 

Aēsopの店舗でスタッフさんに相談すればサンプルを試させてくれます。

どれもいい匂いだけど、やはり好みに大きく左右されるものなので後悔しないためにも一度は店舗で確認することをおすすめします。

店舗情報は以下リンクから。

参考 Aēsop 日本Aēsop 日本

OLOUS AROMATIQUE ROOM SPLAY

容量・サイズ

まずはルームスプレーからご紹介。

高さ16.5cmで片手で扱うにはちょうどいいサイズ。

瓶の容器なのでちょっと重量感があります。

内容量は100ml。

ちなみに商品名のOLOUS(オロウス)は地中海に沈んだ古代クレタ島の都市に由来。

後で紹介しますが、ルームスプレーのラインアップは全て古代ギリシャに由来しているみたいです。

空間全体にスプレー

使い方は空間全体に2~3プッシュするだけ。

上のほうに向けてスプレーすると香りが広がっていいですよ。

twitterでは「シャワーヘッドにかけるとセレブな気分になれる」なんてツイートもありましたね。

空間にスプレーすると薄れてしまうというか慣れてしまう感じがしたので、僕はカーテンやベッドなど、風の通り道やリラックスしたい場所に使っています。

布系のものには匂いが移りやすいので、クッションやぬいぐるみにもいいかも。

試しに、我が家に来たゲストに大人気のはりねずみのぬいぐるみ「ハリン」にスプレーしてみたところ、ほとんど一日中香りが持続していました。

その他のフレーバー

Aēsopのルームスプレーは全部で3種類

今回購入しなかった残り2種も、店舗で香りを確認してきました。

近くに店舗がない方もいらっしゃると思うので、簡単にご紹介します。

イストロス アロマティック ルームスプレー

ISTROS(イストロス)は古代ギリシャ初期に栄えた黒海西岸の港町に由来。

ピンクペッパーとラベンダー、タバコの香り。

ラベンダーが香った後にふわっとスモーキーな香りが上から覆いかぶさるイメージ。

甘さがある香りだけど、男性受けは良さそう。

僕にはちょっとタバコの香りが合いませんでした。

公式サイトの説明は以下。

甘く、ワイルドなフローラルの香りとシダーとサンダルウッドの温かみのある控え目なアロマにタバコの香りがほんのりと残ります。


Aēsop – イストロス アロマティック ルームスプレー

キティラ アロマティック ルームスプレー

CYTHERA(キティラ)はイオニア諸島にあったアフロディーテーゆかりの古代都市に由来。

ゼラニウムとインセンス、パチョリの香り。

ウッディな香りをベースに、オリエンタルな香りが絡み合うイメージ。

あんまり嗅いだことのない複雑な香りでした。

一味変わった香りが欲しい人におすすめ。

僕はこれとオロウスで迷いました。

公式サイトの説明は以下。

温かくウッディーなアンブレットとミルラの香りのブレンドは、ネロリ、ゼラニウム、パチョリのアロマと合わさり、刺激的なフレグランスになります。


Aēsop – キティラ アロマティック ルームスプレー

ステイト オブ ビーイング アロマティック ルームスプレー トリオ

どうしても決めきれない、全部試したい!という方向けの3本セットもありました。

容量はそれぞれ半分の50ml。

持ち運びも便利そうだし、自宅用、オフィス用などシーンごとの使い分けもいいかもしれませんね。

参考 Aēsop –ステイト オブ ビーイング アロマティック ルームスプレー トリオ | Aēsop 日本Aēsop –ステイト オブ ビーイング アロマティック ルームスプレー トリオ

POST-POO DROPS

容量・サイズ

続いて、トイレの消臭・芳香剤のご紹介。

“post poo”のネーミングが「ウンチの後に」とそのまま。

高さは13.5cm。

ルームスプレーと同じく瓶ボトルで、蓋とスポイトが一体化しています。

内容量はルームスプレー同様100ml。

こちらの方が底面の半径がやや広めです。

トイレットペーパーホルダーの上のちょっとしたスペースにちょうどいい大きさでした。

ちなみに隣にあるのは「ヒバの木」。

消臭用と湿気取りに効果的なので、臭いが気になる人は併せて使ってみるのもいいかもしれません。

我が家では100均の不織布に小分けにして下駄箱にも入れています。

スポイト1回でいい香り!

使い方は簡単。

トイレの後、便器洗浄後にスポイトで吸った中身を便器内に数滴落とすだけ。

便器に貯まった水がうっすら白く濁るとすぐに香りが広がります。

我が家のトイレには窓がないので、換気扇を回さないと臭いがこもりがち。

早速試してみました。

さすがに換気扇をつけっぱなしにしてしまうと臭いは逃げて行ってしまいますが、爽やかないい香り。

タンジェリンの皮、イランイラン、マンダリンの皮のシトラスの香りが心地よく、居心地のいいトイレになりました。

友人を招いたり急な来客があったりした時、ちょっとしたひと手間ですぐ香ってくれるので重宝しそうです。

約200回使えるそう。

Body Cleansing Soap Slab

容量・サイズ

最後にご紹介するのがボディ用石鹸。

石鹸のサイズは縦5.6cm、横7.1cm、高さ2.4cmで手のひらにちょうどいいサイズ。

この石鹸用の箱にもメッセージを発見。

‘Soap and water and common sense are the best disinfectants.’


William Osler

「石鹸と水と常識は最高の消毒剤である」

医学教育の基礎を築いた人物として知られるカナダの医学者、ウィリアム・オスラーの名言です。

使用感と保管方法

箱を開けるとリリーを感じさせるフローラルな香りが漂ってきます。

パッケージにはベルガモットの皮、イランイラン、タヒチアンライムと書いてありますが。

泡立ちは柔らかで、水切れが良く、洗い上がりはさっぱり。

しっとり系ではないので乾燥肌の人はもしかしたら使いづらいかも。

 

それから固形石鹸の最大の悩みどころが保管方法。

ソープディッシュってどうしてもヌルヌルになっちゃうからあまり使いたくないんですよねぇ。

そこで我が家ではDULTON(ダルトン)のマグネティックソープホルダーを使っています。

吸盤で壁面にくっつけて石鹸の接触面を減らす作りなので、保管時のヌルヌルを最小限に抑えてくれます。

ギザギザの王冠の箇所は磁石になっているので、初めて使うときは取り外して石鹸に刺してセッティングします。

こんな感じ。

石鹸が固くてなかなか刺さらない場合は、石鹸を水で濡らしたり、ドライヤーで温めたりするのもいいかもしれません。

我が家では鏡に設置するのが一番安定したので、こんな感じで使っています。

実際に使用するときは磁石ごと石鹸を取り外してボディタオルで泡立てて使っています。

固形石鹸の保管で悩んでいる方は是非お試しあれ。

まとめ

JACK

においが変わるだけでこんなにもQOL上がるとは!

トイレ用消臭・芳香剤を探していたらまんまとギフトセットを買わされてしまった僕ですが、「まぁルームフレグランスもなかったしな」と自分に言い訳をして買ったこの商品、大正解でした。

ちなみに店頭購入の際にはこんな袋に入れてフレグランスを振りかけて手渡ししてくれますよ。

人気ブランドにはありがちな話で、偽物も出回っているので購入の際は店頭か公式オンラインショップを利用した方が良いかと思います。

個人的な意見としては店頭に足を運んでショップの世界観を楽しんだり、香りを試したりするのを強くおすすめします。

香水やハンドクリームの扱いもあるのでプレゼント用に選んだり、デートで立ち寄ってもいいですね。

日常空間の香りを使いこなして、粋な男を目指しましょう。