follow me!

【THE LIBERTINES’ NOTES #01】PENTAGOで遊ぼう!

JACK

こんにちは! JACK(@homoludens8890)です

皆さん、年齢や性別に関係なく気軽に遊べる友達はいますか?

粋な男は人付き合いが上手く、誰とも分け隔てなく接することができるもの。

人間関係が希薄になりがち、もしくは狭い範囲に集中して排他的になりがちな昨今ですが、僕個人の意見としては顔は広ければ広いほどいいです。

人は助け合って生きる生き物ですので、誰とでも仲良くなれる能力は持っていて損はありません。

とは言え、皆がオンラインゲームをできるわけではありませんし、共通の話題や相手の好みを知るのも大変。

「THE LIBERTINES’ NOTES」ではアナログゲームやおもちゃなど、簡単なルールを共有するだけで広く楽しめる遊びを紹介していきます。

PENTAGO(ペンタゴ)

PENTAGO – SOLID BIRCH EDITION

今回紹介するのはスウェーデン生まれのボードゲーム、PENTAGO(ペンタゴ)です。

2003年にこれを作ったTomas Flodén(トーマス・フローデン)はMindtwister ABという会社を設立し、ヨーロッパ市場に向けて販売を開始。

2005年にスウェーデンのGame of The YearでÅrets Vuxenspel(成人向けゲーム)賞を受賞、2006年にはフランスのToy of the YearでBest Strategy Game(もっともすぐれた戦略ゲーム)を受賞します。

2006年にプロスケートボーダーのMathias Ringstrom(マチアス・リングストローム)がスウェーデンに帰省した際にこのゲームに出会い、同じくプロスケートボーダーのTony Magnusson(トニー・マグナソン)と共にフローデンと北米での製造・販売に関するライセンス契約を結びました。

Mindtwister USAが設立され現在に至るまで、高IQグループのMENSAのMind Game Competition(心理ゲームコンテスト)で選出されるなど、世界各国で数々の賞を獲得しています。

パッケージにも大きく表示されていますね。

ちなみにMindtwister ABは2015年にMartinex社に買収されてしまっているようです。

参考 Martinex Ab – Älska vardagenMartinex Ab 参考 mindtwisterusa — HOMEmindtwisterusa

 

また、今回紹介するのはSOLID BIRCH EDITION

樺の木でできたボードの商品です。

日本ではペンタゴクラシックの名前で売られているようです。

他にもプラスチック製のものや3名以上で遊べるものもあるみたい。

なかなか出回っていないようで少々価格が高騰していますね。

内容物

盤面は横14.3cm、縦14.3cm、高さ3.4cm。

外箱は横19cm、縦19cm、高さ6cmでした。

3×3のくぼみのついたボードが4枚、真ん中に十字に立てられた金属で4分割された土台の上に乗っています。

3×3のボードは乗っかっているだけで、簡単に取り外しできます。

これは完全に個人の好みなのですが、木製のおもちゃってすごくいいですよねぇ…。

各プレイヤーには駒として黒と白のマーブル(球)が18個ずつ

付属の黒い袋に入れて使えます。

遊び方

では早速遊び方を見てみましょう。

このゲーム、簡単に説明すると「回す五目並べ」です。

プレイヤーは順番にマーブルをボードに置いていき、最終的に「縦・横・斜め」のいずれかで5個揃えば勝利です。

まずマーブルを好きな場所に置いて、

ボードを90°回転

ボードは右でも左でもいいのですが、マーブルを置いたら必ず90°回転させます。

上の写真では右に90°回転しています。

また、回すボードはマーブルを置いたボードでなくても構いません

これがこのゲームの面白いところで、「気付かないうちに5個揃えられちゃった!」みたいな驚きが時々生まれます。

 

ここで一つクイズを出してみましょう。

各プレイヤーが7手目を終え、次は白プレイヤーの手番です。

上手くいけば次の1手で5個揃うのですが、どこにマーブルを置いてどこを回せばいいでしょうか?

プレイしている気持ちで考えてみてください。

 

正解はここにマーブルをおいて、

マーブルを置いたボードを左に回転。

これで斜めのラインが完成しました。

皆さん、わかりましたか?

ちなみに、回転したときに白と黒両方揃ってしまった場合は引き分け。

しっかり先を読んでマーブルを置いていかないと勝てない戦略ゲームで、いい頭の体操になります。

まとめ

JACK

先読みする力を身に着けよう!

5目並べに「回転」という新たな要素が加わったPENTAGO、我が家ではゲストに人気のあるゲームの一つです。

ルールが「置いて、回して、5個揃える」というシンプルさなので、誰でも気軽にプレイできるところも魅力です。

推奨は8歳以上となっていますが、子供の頃からプレイするのはいい教育にもなりそう。

日本では流通数が少なく、価格が高騰しているのが悩みどころ。

定価でゲットできるときは早めに入手しておいたほうがいいかもしれませんね。

遊びを究めて、粋な男を目指しましょう。