follow me!

[DAILY AROMA JAPAN – スノーウォーター]スプレーでまとわりつく湿気を吹き飛ばせ!

JACK

こんにちは! JACK(@homoludens8890)です

気温も落ち着いてきましたが、まだまだ暑い日々が続いています。

日が落ちた後もベタベタとまとわりつく湿気が鬱陶しいですね。

こんな気候にも関わらず、マスクをつけっぱなしだと頭もぼうっとしてしまいます。

今シーズンは消臭・除菌機能付きの冷感スプレーで乗り越えようと思います。

SNOW WATER For SHIRT

外観

今回紹介するのはDAILY AROMA JAPANSNOW WATER For SHIRT STRONG

大きさは横66mm、奥行き66mm、高さ200mm。

容量は350mlとなっています。

香りのバリエーションはアイスシトラス、瀬戸内レモン、北海道和ハッカ、浜松ピンクグレープフルーツの4種。

アロマ専門なだけあってどれもいい匂い!

香りはピンクグレープフルーツが一番好みだったんだけれど、冷感を期待して唯一「STRONG」表記のあるアイスシトラスの香りを購入しました。

STRONG表記のないものと比べてメントールが5倍なんだとか。

ノズル部分はこんな感じ。

トリガーの下のツマミを▲OPENに合わせるとロックが解除されます。

DAILY AROMA JAPAN(デイリーアロマジャパン)とは

1982年に設立されたアロマ専門メーカーの株式会社美健より、2018年に事業継承した会社。

”アロマを通して喜びや満足を、心の休まる場所を届けたい”というコンセプトで商品を展開しています。

世界的なオーガニック認証である「ECOCERT」にてホームフレグランス部門で日本初の認証を取得しており、「国産・オーガニック・プロフェッショナル」の3軸で製品づくりを行っているようです。

参考 香りでつなぐ人・地域・暮らしデイリーアロマジャパン

使用感と効果について

最近は朝の気温も落ち着いてきていますが、僕は出かける前にシャツ全体にスプレーしています。

20~30cmほど離して表面が全体的に湿り気を帯びる程度に。

アイスシトラスは高知県産ユズと瀬戸内レモンのブレンドで、清涼感のある爽やかな香り。

ひんやりとした着心地とシトラスの香りで気分がシャキッとします。

もちろんシャツを着たままスプレーしてもOK。

「肌に直接かからないように」と表記があったので注意しましょう。

液体はベタつきもなく、すぐに乾いてくれます。

1回スプレーしただけだと冷感が弱いので、僕はいつも前と後ろにそれぞれ2~3回スプレーしています。

吹きかけた瞬間より、歩いて風を取り入れた瞬間により冷たさを感じる気がする。

メントールのおかげか冷感は意外と長持ちで20~30分くらいスースーします。

公式サイトに掲載されている表面温度解析によると、最大約5℃冷却されるみたい(10回スプレー)

参考 スノーウォーター For シャツスノーウォーター For シャツ

冷感だけでなく除菌・消臭効果も十分あるようなので、靴下や靴にも使えます。

寝苦しい熱帯夜なんかはベッドのシーツや枕にスプレーするのもいいですね。

風呂上がりの寝間着もおすすめ。

  • 加齢臭 / ノネナール:89%OFF
  • 汗臭 / 酢酸:98.6%OFF
  • 汗臭 / アンモニア:87.9%OFF
  • 靴下臭 / イソ吉草酸:98%OFF

消臭成分はユーカリ精油「グロブル」、緑茶エキス、渋柿エキス、銀イオンを配合。

ユーカリは過去LEAF & BOTANICSのハンドソープでも軽く紹介した通り、優秀な消臭効果を持っています。

LEAF & BOTANICSのハンドソープのレビューはこちら☟

[LEAF&BOTANICS – ハンドソープ]植物性エッセンシャルオイルでリフレッシュ

SNOW WATER For MASK

同じ香りでマスク用のスプレーもありました。

こちらの大きさは横30mm、奥行き30mm、高さ139mm。

容量は50mlです。

数量限定とのことで、公式サイトでは既に終売となっていました。

来年の夏も期間限定で出るのかな?

マスクの外側に1~2回スプレー。

こちらは着用したままのスプレーは危険なのでNGです。

マスクがある程度乾いてから装着しましょう。

1回2プッシュ、1日3回使用で約2ヶ月持つみたい。

ただでさマスク着けるの息苦しくてつらいのに、こうも暑いともはや拷問ですね…。

冷感とアロマで気分転換しないとやってられません。

まとめ

JACK

暑さは顔に出さずにすまし顔で

最近の夏は年々暑さを増している気がします。

湿気も多く息苦しい日々が続きますが、水分不足や熱中症には十分気を付けましょう。

冷房や扇風機での体温調整もいいですが、こういったアイテムをうまく活用していくのもおすすめです。

酷暑も涼しい顔で乗り越えて、粋な男を目指しましょう。